ハーディーグリップ  
  オイルタック  
  ヌレロック >>>
  フェルコンS  
  P-U/ピーツー  
  P-Z/ピーセブン  
  ハーモニックレジ  
  オイルクリーナー  
  レベル3
リセットシステム
 
【水を含んだ下地にすぐ施工できる水分硬化型プライマー】

水分を含んだ新しいコンクリートやモルタル面に、化粧仕上げを早期施工する場合・乾燥を待てない場合にヌレロックを塗るだけで、表面強度を得られるだけでなく表面も乾燥させます
躯体の水分を利用し反応するので、約10分くらいで硬化密着します (塗布後1時間以上は放置、仕上げ材施工は同日実施してください)
濡れている下地に塗布可能 モルタル・コンクリート・金属・木製品・アスファルト

● 霜・雪・氷などが溶けたすぐ後に
● 渇きの遅い下地に仕上げ材を施工する場合に
● 塗膜防水で降雨後すぐ施工する場合に
コンクリート打設後4日で塗布可能 「モルタル塗り後面に乗れれば塗布可能」

表面の水の溜りをモップかウエスで取ります
同日施工なら塗膜防水のプライマーは不要
シート防水も塗膜防水と同じ要領 生乾きの時は養生時間約3時間くらい
前処理 ● クラック・気泡穴・ジャンカ穴・木コン穴などは入念に補修してください
● 施工面の付着物(泥・セメント・エフロレッセンス・ノロ・レイタンス・埃・苔)は除去します● 施工面の溜り水を除去します
● 濡れ・乾燥していても同様に使用できます
● 原則としてローラーを使用してください
● 入隅・サッシュまわり・クラックなどにコーキングする際はハケ塗りで水分を止めます
● 表面は乾燥・内部に水分がある場合はヌレロック塗布後2時間以上養生してください
塗り方 ● 容器より小分けします
● 一液性=そのまま原液を使用してください
● 標準使用量を参考に厚塗りは避けてウールローラー・スプレー・ハケなどで均一に塗ります
● 通常約10分くらいで硬化し始めますが、1時間以上はそのままにしてください

下地(モルタル・コンクリート)に旧塗膜が残っている場合の塗り方
前処理
表面脱脂
状態により右記いずれかの施工方法をお選びください (水が使用不可の場合)
ウエスやモップにラッカシンナーをつけてふき取る
(水が使用可能な場合)
オイルクリーナーを塗り10分後、デッキブラシかポリッシャーでこすり水洗いした後、表面の水をふき取り30分後に施工
塗り方 ● 通常約10分くらいで硬化し始めますが、1時間以上はそのままにしてください
● 下地(モルタル・コンクリート)が新しい場合はレイタンスを除く(1〜2ミリ削る)
● 下地(モルタル・コンクリート)が古い場合は 弱いところをとる
塗布量 ● ウールローラーの中毛を使い1缶(13.5kg)で約10uとし、塗り斑のないようにする (約0.13kg/u)
● 養生時間3時間以上
標準使用量 1u当たり150〜120g
18L缶(13.5kg入) 90u
3.6L缶(3kg入) 20〜25u
注意事項 ご使用の際は換気に注意してください